医院名:ワールドシティ益子クリニック 
住所:〒108-0075 東京都港区港南4-6-7
ワールドシティタワーズキャピタルタワー3階
 電話番号:03-5783-0331

小児科の病気

一番上に戻る
診療予約専用 TEL:03-5783-0331 当日外来予約用
050-5838-4529当日外来予約用
050-5838-4529 当日外来予約用
WEB予約当日外来予約用WEB予約

乳児湿疹

乳児の頭や顔にできやすい湿疹で、黄色っぽいフケ、乾いた感じの紅斑が現れます。はっきりとした発症の原因はまだわかっていませんが、皮脂による刺激、マラセチアという毛包脂腺系に常在する真菌(カビ)が関与して発症すると指摘されています。

症状

頬、額、耳の周囲、頭などにでき、赤み、ブツブツ、黄色っぽいフケなどが現れます。生後1ヶ月~半年の時期は皮脂分泌が亢進するため発症しやすく、この時期を過ぎると自然に治まっていきます。

治療

ほとんどの場合は日常的なケアで改善可能ですが炎症があまりにも強い場合には、ステロイド外用薬で状態をできるだけ早く改善させることを検討します。ケアでは丁寧にしっかり洗って皮脂付着を防ぎますが、強くこするのは厳禁です。ただし、乳児湿疹だと思って注意深くケアしても改善しない場合、乳児アトピー性皮膚炎の可能性があります。悪化させてしまうと赤ちゃんもつらい思いをしますし、お母さんにも大きな負担になりますので、症状に気付いたら気軽にご相談ください。

あせも

大量の汗で汗腺が詰まってしまい、排出できなかった汗が皮膚の下に漏れて炎症を起こしている状態です。水ぶくれ、細かいブツブツ、炎症を起こして、ほとんどは痒みを生じます。

原因

乳幼児の場合、大量の汗をかく夏場の発症がほとんどです。高熱が続く、高温下で長時間過ごすなどによって発症することもあります。

治療

ステロイド外用薬で炎症を鎮め、細菌感染を起こしている場合には抗生剤を内服します。再発しやすいので、汗をこまめに除去するケアを習慣的に行う必要があります。シャワーや入浴を毎日行うほか、汗をかいたらその都度すぐに拭き取るようにしてください。

突発性発疹

38度以上の高熱が4日程続いた後、熱が下がった時に全身に湿疹が現れます。幼い時期に感染すると考えられており、合併症として脳炎や劇症肝炎や血小板減少性紫斑病などの重大な病気を起こすことがまれにあるため、高熱が続いた時点ですぐに受診してください。

川崎病

川崎病は、全身の血管が炎症を起こして発症すると考えられており、高熱、両目の充血、唇や舌・のどの粘膜が赤くなる、手足に発疹が出る、首のリンパが腫れる、手足が赤くなるなどの多彩な症状があり、診断が難しい病気です。後遺症として心臓の筋肉に酸素や栄養を送る冠状動脈に障害を残す可能性があるため、できるだけ早く確定診断を受けて適切な治療が必要な病気です。急性の炎症を抑え、頸動脈の後遺症を残さないためにも、上記の症状に少しでも当てはまるようでしたら、すぐに小児科を受診してください。

熱性痙攣

38度以上の発熱があって、痙攣を突然起こすもので、6歳くらいまでの乳幼児に起こりやすいとされています。ほとんどの場合、痙攣は5分程度で治まりますが、それ以上続く場合にはすぐに救急車を呼んでください。痙攣は、てんかんや脱水、低血糖による発作、脳炎や髄膜炎、薬の服薬などによって起こっている可能性もあります。痙攣が5分以内に収まった場合にも、できるだけ早い受診が必要です。

かぶれ・虫刺され

かぶれ

皮膚の炎症や湿疹は原因物質が皮膚に触れて発症します。そのうち原因がわかっているものを接触性皮膚炎と呼びますが、一般的にはかぶれと呼ばれています。原因には、オムツ、貼り薬や絆創膏、毛虫などがあります。

治療法

皮膚に付着した原因物質を完全に除去します。掻いたり、洗い流す際に強くこすると皮膚に原因物質が残りやすいのでご注意ください。治療では、短期間のステロイド外用薬の治療が効果的です。激しい痒みがある場合には悪化を防ぐために、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の使用も検討します。

虫刺され

虫に刺された直後には症状がほとんどなく、翌日以降に腫れなどが起こってくる場合もありますので注意が必要です。腫れ、痒み、痛み、しこり、水ぶくれなどの症状があり、乳幼児では虫刺されと思えないほど大きく腫れることもあります。掻いてしまうと皮膚が硬くなって痒みが残ったり、とびひを起こしやすくなってしまいます。早めに適切な治療を受けることで痒みがひどくなる前にきれいに治すことができます。虫刺されで強い症状がある場合にはすぐにいらしてください。

治療

虫刺されは、すぐに流水で洗うことが正しい応急処置です。強くこすらないようにして、流水でしっかり洗ってください。洗った後は擦らないように水分を取り、虫の針などが残っていないか確認します。針が残っていたらセロテープを軽く当ててそっとはがしてみてください。それで取れなかったら無理に取ろうとせずに受診してください。無理に取ろうとして奥に進めてしまうとお子様にとって負担の大きな治療が必要になることがあります。
症状が重い場合も、ステロイド軟膏を短期間使うことで比較的短期間に治すことができます。ただし、細菌感染の可能性がある際には抗生剤を用いた治療が必要になりますし、激しい痒みや強い腫れがある場合には抗アレルギー薬の使用を検討します。

伝染病

  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 水ぼうそう
  • インフルエンザ
  • 風疹
  • はしか(麻疹)
  • 百日咳
  • 溶連菌感染症
  • 手足口病
  • マイコプラズマ感染症
  • 伝染性紅班(りんご病)
  • 水いぼ
  • とびひ
  • RS感染症
  • ヘルパンギーナ
  • アデノウイルス咽頭結膜炎(プール熱) 

嘔吐・下痢

消化器感染症(感染性胃腸炎)

急性胃腸炎は、腹痛・下痢・吐き気・嘔吐などの症状を起こします。ウイルスや細菌によって胃・小腸・大腸が炎症を起こしている状態で、乳幼児は脱水や重症化を起こしやすいためできるだけ早い受診が必要です。

主な感染性胃腸炎

  • ロタウイルス
  • ノロウイルス
  • アデノウイルス
  • 病原性大腸菌
  • 腸炎ビブリオ
  • サルモネラ菌
  • カンピロバクター

治療

腸炎を起こすウイルスは、ノロウイルスやアデノウイルスが主なもので、どちらも有効な薬がないため症状に合わせた対症療法が中心になります。嘔吐・腹痛・発熱・下痢・脱水などの症状に合わせて、吐き気止め・痛み止め・解熱剤・整腸薬・点滴などを行って安静を保ち、経過を慎重に観察していきます。
サルモネラ、ビブリオ、カンピロバクター、病原性大腸菌などの細菌による腸炎は、重症化する可能性が高く、血便を起こすこともありますが、抗生剤内服による薬物療法が有効です。効果の高い治療のための菌の検査にも健康保険が適用されます。ただし、検査結果が出るまでに時間がかかるため、重症化の危険性を考慮して結果が出る前に抗生剤を処方する必要が出てくるケースもあります。