医院名:ワールドシティ益子クリニック 
住所:〒108-0075 東京都港区港南4-6-7
ワールドシティタワーズキャピタルタワー3階
 電話番号:03-5783-0331

一般内科の病気(生活習慣病、高血圧症、脂質異常症、糖尿病)

一番上に戻る
診療予約専用 TEL:03-5783-0331 当日外来予約用
050-5838-4529当日外来予約用
050-5838-4529 当日外来予約用
WEB予約当日外来予約用WEB予約

一般内科

当クリニックでは、地域の家庭医として内科全般にわたり幅広く診療を行っております。
風邪などの一般的な感染症をはじめ、生活習慣病(高血圧、高脂血症、生活習慣病)などの診察や治療を行っています。

生活習慣病

生活習慣病には、糖尿病や高血圧症、以前は高脂血症と呼ばれていた脂質異常症、痛風発作を起こす高尿酸血症などがあります。生活習慣病は複数を発症すると相乗効果で悪化しやすく、それぞれの数値がそれほど悪くなくてもリスクが大幅に上がります。メタボリックシンドロームはその相乗効果と肥満によってリスクが高い状態です。生活習慣病やメタボリックシンドロームは、過食などの食事、運動不足などの生活習慣によって発症し、動脈硬化を起こします。生活習慣病自体も症状に乏しいのですが、動脈硬化はほとんど症状なく進行し、ある日突然、脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性があるため、早期に発見し、適切な治療を続けてコントロールしていく必要があります。

高血圧

高血圧とは心臓から全身へおくられる血液が通る血管の壁に圧力がかかっている状態です。食生活やストレス、運動不足などが大きくかかわっているといわれています。高血圧を防ぐためには日ごろの生活習慣の見直しを行うことがとても大切です。

高血圧の症状
  • 頭痛
  • 肩こり
  • しびれ
  • 耳鳴り
  • 胸痛
  • 動悸、息切れ
高血圧の治療

高血圧の治療は、まずは生活習慣の改善が重要となります。食事療法や運動療法によって、日常生活での体へのストレスを減らしていくことが大切です。バランスのとれた食事を心がけて、ランニングや水泳など有酸素運動を取り入れましょう。そのほかに、たばこやお酒を日常からたしなむ方は、なるべく控えましょう。
食事や運動でも効果がなかなか現れない場合は、降圧薬により血圧を下げる治療を行います。内服によって血圧が下がった後も規則正しい生活を送ることで、高血圧の再発予防に努めましょう。

脂質異常症・高脂血症

血液の中の悪玉コレステロールや中性脂肪の値が異常となる状態が続く疾患です。善玉コレステロールには動脈硬化を防ぐ役割がありますが、悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化を引き起こす恐れがあります。中性脂肪や悪玉コレステロールの数値が増えていくと脂質異常となり、動脈硬化のリスクが高まります。高脂血症・脂質異常症に該当するのは以下の診断基準のいずれかに該当する場合です。

脂質異常症の検査基準
脂質異常症の診断基準(空腹時)
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール 140mg/dl以上
HDLコレステロール血症 HDLコレステロール 40mg/dl未満
高トリグリセライド血症 トリグリセライド 150mg/dl以上

治療法

食生活の改善と運動

高脂血症・脂質異常症の方の治療には食事の改善が必要となります。まずは炭水化物や脂質などのカロリーの摂取制限をもうけ、中性脂肪が高い場合は飲酒も控えましょう。
適度な運動を取り入れることも大切です。ウォーキング、散歩、水泳、ジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。食事療法や運動療法は継続して無理のない範囲で行いましょう。

薬物療法

食事療法や運動であまり効果が得られない場合には、症状に合わせて適切なお薬の処方を行います。

糖尿病

糖尿病は、血液の高血糖状態が続いて血管に負担をかける病気で、細胞が糖分を取り込めなくなることで過剰になった糖分が血液にあふれてしまっている状態です。血液中の糖分は通常、インスリンというホルモンによって細胞に取り込まれます。また、糖分を筋肉や肝臓に蓄えるためには脂肪やグリコーゲンに変えなければなりませんが、その変化にもインスリンが不可欠です。そのため、なんらかの理由でインスリンの不足や作用がうまく働かなくなると高血糖になってしまい、糖尿病になります。
高血糖は血管に大きな負担をかけるため、糖尿病になると動脈硬化を進行させやすく、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが大幅に上がります。また、高血糖は毛細血管が豊富な組織にダメージを起こしやすいため、失明の危険性がある糖尿病網膜症、足の切断につながりかねない壊死、透析を必要とする腎不全など、重大な合併症が多いことも糖尿病の大きな特徴となっています。

糖尿病の3大合併症
  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病性神経障害知覚鈍麻
  • 糖尿病性腎症

治療

現代の医学では糖尿病を完治させることはできません。ただし地道に適切な治療を続けていくことで血糖値を正常範囲にコントロールして、動脈硬化を予防し、重大な合併症リスクを軽減させることは可能です。
血糖値のコントロールと健康な状態の維持には食事療法と運動療法が特に重要です。医師や栄養士の指導を受けて適切な食事内容や食習慣、習慣的に行う適度な運動を続けていきましょう。食事療法と運動療法だけで薬物療法をせずに正常な血糖値コントロールができるケースもあります。また、食事と運動は他の生活習慣病の進行予防にも有効です。