医院名:ワールドシティ益子クリニック 
住所:〒108-0075 東京都港区港南4-6-7
ワールドシティタワーズキャピタルタワー3階
 電話番号:03-5783-0331

肛門内科

一番上に戻る
診療予約専用 TEL:03-5783-0331 当日外来予約用
050-5838-4529当日外来予約用
050-5838-4529 当日外来予約用
WEB予約当日外来予約用WEB予約

肛門内科

痔は命に関わることがほとんどない良性疾患であることや、気後れして症状があっても受診をためらう方が多い傾向があります。早期に治療を始めれば、高い治療効果が得られますし、進行させてしまうとQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を大きく低下させるため、早めに受診しましょう。
痔はいぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、痔ろう(穴痔)の3種類に分けられ、それぞれ治療法が異なります。いぼ痔や切れ痔はほとんどの場合、早期に適切な治療を受ければ、軟膏などの保存的療法で比較的短期間に治すことができます。
痔は再発しやすい病気ですから、薬物療法や注射、手術などの治療で状態を改善させることも重要ですが、生活習慣の改善も不可欠です。特に便秘や下痢といった便通異常は痔の発症に大きく関わっています。当院では、根本的な治療や再発防止のための生活習慣アドバイスなどをきめ細かく行っています。

痔の種類

いぼ痔(痔核)

肛門にイボ状の膨らみができる疾患です。肛門は少し内側に歯状線という部分があり、それを境に外側の皮膚部分にできる外痔核、内側の直腸粘膜にできる内痔核に分けられます。外痔核は皮膚という知覚神経がある部分にできるため痛みが強く、内痔核は脱出や出血で気付くことが多くなっています。どちらも排便時の強いいきみなどによって肛門周辺の血流が悪化し、静脈叢が腫れて発症しますが、治療法は異なります。

内痔核

肛門の内側にイボ状の膨らみができ、排便時の脱出や出血で気付いて受診されることが多くなっています。排便時に便が擦れて便器が赤くなるほど大量に出血することもあります。粘膜には知覚神経がないため、炎症を起こすなどがない限り痛みが起こることはありません。最初は排便後、脱出が自然に戻りますが、進行すると指で押さないと戻らなくなり、さらに進行すると戻せなくなります。楽な治療で改善しやすい痔ですから、気軽にご相談ください。

外痔核

知覚神経がある皮膚の部分に痔核ができるため、強い痛みを起こしやすい痔です。血栓ができて腫れる血栓性外痔核の場合、重いものを持つなどで肛門に力が入ると激しく痛みます。ただし、外痔核で出血することはほとんどありません。外痔核は薬物療法などの保存療法の効果を得やすいため、肛門の膨らみに気付いたら早めにご相談ください。また、ある程度進行していても手術が必要になるケースは比較的少ないため、ますは受診をおすすめします。

切れ痔(裂肛)

肛門の皮膚が裂けて切れ、傷付いている状態です。便秘の硬く太い便が無理に通過する際に生じることが多く、勢いの強い下痢で起こることもあります。強い痛みがありますが、出血はトイレットペーパーにつく程度のことがほとんどです。痛みは排便後しばらく続いて消えますが、慢性化すると何時間も痛みが続くことがあります。強い痛みがあるため無意識に排便を避ける傾向があり、便秘をしやすくなって再び切れるという悪循環に陥りやすく、傷が深くなると組織が深くえぐれて潰瘍化し、肛門が狭窄してますます切れやすくなって悪化の一途をたどります。
慢性化していない切れ痔は塗り薬などの保存的療法で短期間に治せるため、早めの受診がおすすめできます。慢性化させやすい便秘を含めて専門医の治療を受けることで効果的な再発予防も可能です。ただし、狭窄が起こって排便困難になるほど重症化した場合も、日帰り手術で治療可能ですから、気兼ねせずご相談にいらしてください。

痔ろう(穴痔)

直腸と肛門の間には歯状線があり、ここには外向きに小さなくぼみがあって、中に肛門腺の出口があります。勢いが強い下痢など際にこのくぼみに便が入り込み、免疫力が落ちていると便に含まれる細菌が肛門腺に感染して炎症を起こします。これが肛門周囲膿瘍です。この肛門周囲膿瘍になるとたまった膿が出口を求めて肛門周囲の組織内部を進み、皮膚までつながる管状のトンネルを作ってしまいます。この管状のトンネルが瘻管で、膿が排出されて瘻管が残った状態が痔ろうです。肛門周囲膿瘍で膿がまだ排出されていない時には痛みや腫れ、発熱などの症状を現しますが、痔ろうになると膿が排出されるためこうした症状は治まります。痔ろうでは細菌感染を起こした原発巣から皮膚まで開いた管状の穴が残るため、下着を汚し、皮膚炎などを起こしますし、肛門周囲膿瘍を繰り返して瘻管が複雑になっていき、肛門機能に大きなダメージを与えて便失禁などを起こす可能性があります。また、痔ろうを放置しているとまれにがん化することもあります。痔ろうは手術でしか治すことができませんので、症状に気付いたら早めに専門医を受診してください。なお、瘻管の方向や深さ、構造、位置などにより適した手法が変わる難易度の高い手術ですから、当院では症例経験が豊富な専門医が診察しています。

痔の再発予防

痔は生活習慣の影響を大きく受けるため、治療しても再発しやすい傾向があります。そのため、再発予防には治療だけでなく生活習慣の改善の不可欠です。特に便秘や下痢の解消は重要です。いぼ痔や切れ痔の場合は特に、慢性化してよほど悪化させていなければ保存的療法と生活習慣改善で治療が可能です。再発させない・悪化させないために、下記のことにご注意ください。

血行改善

毎日、バスタブでお湯に浸かり、身体を芯まで温めましょう、夏も冷房で身体が冷えていることが多いため、オールシーズン、バスタブに浸かるようにしましょう。冬は特に足腰を冷やさないように注意してください。また、適度な運動やストレッチをすることで血行を改善させましょう。

姿勢

立ちっぱなし・座りっぱなしは肛門に大きな負担をかけます。デスクワークや立ち仕事の方は、こまめに歩いて血行の悪化を防いでください。長時間の運転や列車・飛行機などでの移動の際にも、肛門周辺の血行が悪化しやすいので座りっぱなしにならないようにしてください。

無理にいきまない

排便時、習慣的に強くいきんでいると肛門周囲の血流を悪化させ、痔のリスクを上昇させてしまいます。また、内痔核があると強くいきんだ際に出血を起こしやすくなります。便意を感じたタイミングでの排便が一番スムーズに便を出すことができますので、便意があったらすぐトイレに行くことを習慣づけましょう。

便秘改善

食物繊維の重要性は知られていますが、水分をたっぷりとることも便秘解消には不可欠です。また適度な運動も蠕動運動など腸の機能の正常化につながりますし、腸内細菌叢を整える乳酸菌の積極的な摂取もおすすめできます。

下痢を予防

冷たいものではなく、温かいもの、あるいは常温のものをたくさん飲むようにしてください。足腰を冷やさないよう心がけ、暴飲暴食や刺激の強い飲食物を控えます。腸内環境を整える乳酸菌の摂取も効果が期待できます。

お酒・たばこ

喫煙は血流悪化を招きますので、タバコは控えましょう。アルコールは下痢の原因になりやすいため、控えめな摂取に抑えましょう。

香辛料

唐辛子などの香辛料をとり過ぎると肛門に大きな負担をかけることになります。適量を守り、過剰摂取を避けましょう。