クリニックの特徴

指導医による内視鏡検査

→内視鏡とは?

  • 内視鏡の専門医・指導医が検査をします。
  • 胃の内視鏡検査の場合、口から検査する経口・鼻から検査する経鼻のどちらの検査も選択できます。
  • 胃(上部)・大腸(下部)両方とも同日検査が可能です。
  • 痛みの少ない治療を目指しております。
    (胃の内視鏡検査の場合は、ご希望に合わせて鎮静剤を用いて検査をしております。)

小児科専門医による診察

当クリニックは東京慈恵会医科大学附属病院との医療連携を取っており、日本小児科学会所属医師が常時、診察を行なっております。

→詳細はこちら


慈恵医科大学と連携による読影システム

撮影データはオンラインで東京慈恵会医科大学附属病院画像診断部に送られ、専門の医師が診断します。
結果は、1週間以内にクリニックに届く予定です。

※通常は院長が検査当日に結果説明を行っております。
※読影とは、検査によって得られた画像を見て状態を判断し診断を下すこと。


充実した設備

  • CT

    CT検査では、体内にできる様々ながんを発見、診断することができます。副鼻腔炎や肺炎及び虫垂炎などの良性疾患の診断や治療経過を確認する際に非常に有用です。

  • 超音波検査(エコー)

    腹部超音波検査は、胆のう、膵臓、腎臓及び肝臓などの異常を見つける検査です。その他、動脈硬化(特に生活習慣病で治療されている方が適応となります)や甲状腺腫瘍の有無を調べるための甲状腺超音波検査も行っております。

  • 内視鏡

    上部内視鏡(胃カメラ)
    食道から、胃、十二指腸までを直接観察する検査です。
    胃の辺りが痛む方、胃がもたれる方、食欲が落ちる方、胃バリウム検査で異常を指摘された方、貧血が進行している方などが適応となります。

    下部内視鏡(大腸カメラ)
    肛門から盲腸まで大腸全体を直接観察する検査です。
    便潜血検査で陽性であった方、血縁者に大腸がんになられた方がいる方、下痢や便秘がひどい方おなかが張ったり腹痛がある方、血便があった方、貧血が進行している方などが適応となります。

  • ホルター心電図

    心電図記録計を携帯してもらい、24時間の心電図を持続的に記録することで、不整脈や狭心症を調べることができます。