検査・健診・ドック・予防接種

内視鏡検査

当院での内視鏡検査の特徴

  • 当院では1万件以上症例数を積んだ専門医・指導医が検査をします。
  • 上部・下部同日検査が可能です。
  • 経口・経鼻のいずれかの検査を選択できます。
  • 痛みの少ない検査を目指しております。(鎮静剤を使用しております)

胃の内視鏡検査(上部内視鏡検査)

当院では、経験豊富な専門医・指導医また看護師がおりますので、高精度な治療を提供できます。
また当院では、苦痛の少ない内視鏡検査を目指しております。

■内視鏡の種類と苦痛の度合い

一般的に胃カメラを施行する上で患者様の苦痛は、
①経口内視鏡(鎮痛剤使用無し)>②経鼻内視鏡>③経口内視鏡(鎮静剤使用あり)
の順に少なくなると言われています。

■痛みが一番少ないのは、経口内視鏡(鎮静剤使用あり)

現在では、③経口内視鏡(鎮静剤あり)が一番「苦痛の少ない」検査法と言われております。
痛みの少ない理由としては、意識下沈静法を利用して苦痛を緩和するからです。
「意識下沈静法」とは、鎮静剤を少量静脈に注射をすることで、呼びかけると少し意識が残りますが、
身体的苦痛や痛みは感じない状態にして行う検査です。

この方法の欠点は、検査後しばらく沈静から覚めない方がいらっしゃるので、
検査後15〜60分程度回復するまで休んで頂く必要があります。

■鎮静剤量は増やせば楽に検査を受けられる?

鎮静剤の量を多くすると、検査自体は楽に受けることが出来ますが、検査後のふらつきや
覚醒不良が起こることがあり、呼吸抑制など重篤な合併症を引き起こす可能性があります。
当院では、適切の沈静剤の使用を心がけ、検査中は適切な呼吸管理を行っております。
また、鎮静剤の使用を希望された場合、車での来院は控えて頂いております。

■経口・経鼻の両方を選べます

当院では患者様が医師と相談した上で、経口内視鏡(沈静剤使用あり)か経鼻内視鏡を
のどちらかを検査前に選択して頂いております。

経口 イメージ経鼻 イメージ

※当院では、内視鏡によるポリープの切除は行っておりません。

大腸の内視鏡検査(下部内視鏡検査)

当院では、経験豊富な専門医・指導医と看護師がおりますので、高精度な治療を提供できます。
また、当院では苦痛の少ない内視鏡検査を心がけております。

■大腸内視鏡とは

肛門からスコープをいれて、大腸がんや大腸ポリープを発見するための検査です。
スコープは約1mおなかの中に入ります。

■大腸内視鏡を行うメリット

大腸がんにかかる割合(罹患率)は50代後半から増加し始め、高齢になればなるほど高くなります。
臓器別罹患率を比較しても、男女ともに大腸がんは常に上位をしめております。
大腸がんの罹患数は、男女ともに死亡数の約2倍といわれており、
それだけ治るがんだと言われております。
日本では、各種健診により「便潜血検査」が広く普及しており、
この便潜血反応が陽性の場合、その精密検査として「大腸内視鏡」
「大腸カメラ」が位置づけられています。大腸がんの早期発見には、この大腸内視鏡が必要であると
考えられております。
もちろん、便潜血検査を行わなくても、大腸内視鏡検査を行うことはできます。

■当院の大腸内視鏡検査の特徴

大腸内視鏡検査は一般的に「苦痛の伴う検査」と考えられております。
当院の最大の特徴は、「鎮痛剤・鎮静剤を用いた苦痛の少ない大腸内視鏡検査」です。
また、1万件以上の症例数をもつ専門医かつ指導医が検査を担当するため、
比較的楽に検査を受けることができます。
寝ているうちに気づくと終わっていたといわれる患者様が殆どです。
平均検査時間は15分程度(挿入3分、観察10分程度)です。
ただし、腹部手術歴がある患者様や強い便秘のある患者様は、鎮痛剤の効果が減弱することが
あることをご承知ください。

※上部・下部同日検査も可能です
※当院の院長は、2013年10月より内視鏡専門医を指導する立場の指導医として認定されました。


検査日

内視鏡検査に関しては、予約制となっております。
TEL:03-5783-0331にご連絡を下さい。

検査日

※診察により医師が検査できないと判断した場合には、後日変更となる場合がございます。
※服用しているお薬がある方は、予約時に必ずお申し出下さい。


その他の検査

レントゲン・CT撮影(造影撮影は除く)・超音波検査、心電図検査、採血については予約不要ですが、
レントゲン検査やCT撮影、超音波検査は出来ない日がございますので、事前にお問合せ下さい。

※診察により医師が検査できないと判断した場合には、後日変更となる場合がございます。
※服用しているお薬がある方は、予約時に必ずお申し出下さい。


健康診断・ドック

  • 法定健康診断(雇用時)に関しましては、予約は必要ございませんので診察時間内にお越し下さい。
    (検査当日はお食事を召し上がらないでお越し下さい)
  • 午後来院される方は、検査に時間がかかりますので、18:00までにはご来院下さい。
  • 人間ドック・区民健診等は予約制になります。お気軽にお問い合わせ下さい。
    人間ドックの予約可能日は下記の表でご確認下さい。
  • レントゲン、CT撮影及び超音波検査ができない日がございますので、事前にお問い合わせ下さい。

※検査結果は通常約1週間から10日ほどお時間を頂いておりますが、お急ぎの方は予約時にご相談下さい。

人間ドックの内容予約可能な日
基本コース・専門ドック(上消化器)月・火・木
肺ドック、メタボリックシンドロームドック月・火・木・土
一日コース、専門ドック(上・下消化器コース)、専門ドック(下消化器コース)月・火・木

○健康診断

○雇用前健診

○生活習慣病健診

○港区健康診査・がん検診のご案内

○2次健診

〜 せっかく受けた健診、そのままになっていませんか? 〜

一次健診の結果をもとに再検査、精密検査から治療まで皆様の健康管理のため専門的なアドバイスを
させて頂きます。また、より専門的な医療が必要な場合は、適切な医療機関をご紹介致します。
他院で受けた健康診断でもお気軽にご相談下さい。

○予防接種

予約が必要なワクチンがございますので、下記の表でご確認下さい。

予約不要なワクチンワクチンの種類料金
DT(2種混合)¥4,110
MR(麻疹風疹) ※お問い合わせください¥10,290
日本脳炎 ※お問い合わせください¥9,260
水痘¥7,710
おたふくかぜ¥6,690
破傷風¥3,600
予約必要なワクチンワクチンの種類日程料金
DPT-IPV(4種混合)月 〜 土¥9,500
ポリオお問い合わせください¥8,230
BCG水・金 14:00¥7,200
ロタウィルス水・金 14:00・14:30¥10,230
ヒブ月・火・木¥8,230
小児肺炎球菌月・火・木¥10,290
A型肝炎お問い合わせください¥8,950
B型肝炎月 〜 土¥7,200
子宮頸がんお問い合わせください¥17,490
成人肺炎球菌月 〜 土¥8,230

※23 区内にお住まいで定期接種の用紙をお持ちの方は、無料となります。
※インフルエンザに関してはお問い合わせ下さい。
※ワクチンの入荷状況によっては、予約不要のワクチンも予約が必要となることがございます。
※当院はロタテックでの接種となります。(3回接種です。)


人間ドック

1日コース

基本コース

肺がんドック

専門(消化器)ドック

メタボリックシンドロームドック

※要望に合わせて組み合わせることも可能です。お気軽にお問合せ下さい。
※人間ドックは予約制となります。診察時間内に受付窓口までご連絡下さい。


各種料金表

→健診・人間ドックに関する料金表